タイラバリールはスピニングがいい?ベイトがいい?

タイラバ(鯛ラバ)リールはスピニングがいい?ベイトがいい?

タイラバリールは、スピニングリールとベイトリールのどちらがよいのか、という疑問を持っている人が多いようです。

 

どちらがよいのかとは、明確には答えられません。

 

ただ、一般的にはベイトリールの方が使いやすいと言われています。

 

実際、圧倒的にベイトリールを使っている人の方が多いです。

 

 

それには、いくつかの理由が考えられます。

 

まずは、スピニングリールは底を取りにくいことです。

 

底を取りにくいと、根がかかりしてしまいます。

 

サミングを行えば、着底がわかりやすくなります。

 

それと、着底後すぐに真鯛が食ってくることがあるのですが、底を取りにくいので着底に気付かず、真鯛に見切られてしまう恐れがあります。

 

また、仮に真鯛が食ってきても、着底後糸がふけてしまって、当たりに気が付かず、針がかりさせることができないという恐れもあります。

 

 

他には、スピニングリールは等速で巻きづらいことです。

 

等速で巻けないと、なかなか食ってくれません。

 

細かい操作が可能で、力強く巻き上げることができます。

 

 

さらに、ベイトリールはフォールでの当たりを取りやすいです。

 

このようなことを知れば、なおさらベイトリールを使いたくなります。

 

タイラバ ベイトリール

 

 

ただ、スピニングリールにも利点はあります。

 

タイラバは、何も竿下の縦だけを探るわけではありません。

 

時には、軽くキャストして、横を探ることもあります。(キャスティングタイラバ)

 

キャストするのなら、バックラッシュの心配がいらないスピニングリールの方がよいです。

 

浅場を広く探るのが得意です。

 

タイラバ用のスピニングリールも販売されています。

 

 

フォールスピードが速いのも特徴の1つです。

 

手返しが早いとかなり有利です。

 

 

ドラグの性能に関しては、スピニングリールの方が優れています。

 

タイラバでは、細いラインを使うだけにドラグの性能は重要です。

 

また、スプールの交換が容易なので、予備を持っていけば、ラインが切れても安心です。

 

 

このようなことから、釣り方に応じて、スピニングリールとベイトリールを使い分ければよいのです。

 

それぞれのメリットを活かせれば、釣果アップにつながるかもしれません。

 

そうは言っても、どちらか1つだけしか購入できないのなら、まずはベイトリールを購入すべきだと思います。

 

タイラバを楽に楽しむためには!

 

中型のリールがよく使われます。

 

タイラバは、電動リールを使わない限りは1日中手で巻き続けなければなりません。

 

意外と疲れてしまいます。

 

そこでおすすめしたいのがロングハンドルです。

 

文字どおり、長いハンドルです。

 

長いと1回転で巻き上げられる量が多くなるので、非常に楽です。

 

リールの種類によって、ハンドルの交換ができるのかどうかが異なります。

 

交換できるのなら、交換した方があまり疲れずに釣りを楽しめます。

 

 

 

タイラバで使うリールには、手巻きリール以外に電動リールがあります。

 

電動リールを使うメリットなどはこちらを参照!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ダイワ・シマノでタイラバ(鯛ラバ)リールのおすすめは?

ホーム